充実したシニアライフのサポートを。

インターネットが新しいインフラとして一般的に利用され始めてから 20 年近くになろうとしています。
電気・ガス・水道などのインフラはすべての人が利用出来るものとして定着しているにも拘らずこの新しいインフラは、縁のない層を作ってしまっている事も事実です。
この新しい便利なインフラを活用し、今まで縁のなかった人たちにもその便利さを提供したい…そんな思いで誕生させたもの、それが「SCRUM 」です。

日常の生活の中で必要とされる「広い意味でのコミュニケーション」に役立つものの提供をコンセプトに開発しました。使いやすさを追求した時、「SCRUM」の方向性が決定しました。 簡単かつ限られた操作で目的に達すること。多くの方が必要とするものの中から、いかに絞り込んだ機能を盛り込めるかということ。
達した答えは『専用端末』です。ここが i-pad を始めとして流行している多くのタブレット端末との違いです。
「持つ人によって出来ることが違う=出来ない人も沢山いる」を無くし持つ人全員が同じように手軽に“便利や楽しさ”を手に入れられる。そのための方法論でもあり、そこには「みんなと同じくらい」の知識しか必要ありません。
© SCRUM COMUNICATION Gr.